XGIMI Laboratory製品の輝度テスト方法

A1. 輝度テスト条件

1. テスト環境: 温度が15℃~25℃、相対湿度が30%RH~70%RHの暗室。
2. テスト製品の累積使用時間は10時間未満です。
3. テスト中は、電源をテスト製品 (充電式バッテリー付きのテスト製品を含む) に接続する必要があります。
4. テスト製品は最も明るいモードに設定します。
5. 焦点を合わせた80インチの投影エリア。
6. グレースケールテストパターン画像 (付録A2の図2を参照) をテスト製品に入力します。最も濃い黒と白の間にある灰色の区分の差が人間の目で認識される
    まで、輝度とコントラスト比を調整します。
7. 測定値と公称値の誤差は20%以下です。
8. 完全に真っ白なパターン画像であるテスト機能画像 (付録A2の図1を参照) を入力します。
9. 計算方法 照度計を使用して、下の図A1の9点グリッドに示されている9つのボックスの中心点輝度を測定し、次の式を使用して光出力の輝度値を計算しま
   す。 光出力の輝度値I:= 平均 (L1、L2 … L9)*S S: 投影エリア (長さ×高さ)、単位: 平方メートル (m2)
10. 測定結果の表現 測定結果はルーメン (ANSI lm) で表されます。

A2. テストパターン

図1に、ルーメンテスト9点グリッドの例を示します。

図1 - 9点測定グリッド  

凡例
1~9        検出器
10            画面
H             画面の高さ
W            画面の幅

図2に、グレースケールテストパターンを示します。

図2 - グレースケールテストパターン

付録:
テスト規格の参考資料: 「GB 32028-2015」、「ISO/IEC 21118: 2020(E)」